こだわり「三田牛」。白と赤の芸術が ここにあります。肉のマルセ

TEL:079-568-0298/FAX:079-568-3729 定休日:毎週火曜日
味、夢幻の如し 肉のマルセ
  • マルセについて
  • オンラインショップ
  • 藍屋
  • マルセBLOG
  • 藍屋BLOG

三田マルセ牛とは?

  • マルセ牛とは
  • 飼料へのこだわり
  • 直営牧場のご紹介
  • 丁寧に飼育しています
  • 店内のご案内
  • 会社概要
  • 受賞歴
  • マルセ取り扱いリンク

(株)勢戸で厳選した仔牛を仕入れ、三田近隣でマルセオリジナルの餌を与え、勢戸グループの肥育農家で手塩に掛けて育てられた牛が、兵庫県産和牛(国産和牛)であり、この牛を三田マルセ牛(登録商標)と名付けました。

  • 繁殖農家の減少による但馬和仔牛の高騰をふまえ、(株)勢戸の畜産部が、但馬仔牛に加え、但馬仔牛のように優れた血筋の良い仔牛を選別・購入します。
    (他県で仕入れた和仔牛も但馬の血筋が入っている牛を選んで購入しています。)
  • 三田牛から三田マルセ牛にブランド名が変わっても、品質において変わることはありません。
  • 三田近隣は一日の寒暖の差が激しい気候により、牛の体を引き締め、肉質を高めます。
    又、きれいな空気と水、肥沃な農地など、牛を育てるのに最適な環境のなかで、勢戸グループの農家で肥育管理され、手塩にかけて育てられた「三田マルセ牛」は、「昔ながらの香りと柔らかく繊細で、濃密なうまみをもつ牛肉」となります。
  • 三田牛とは、但馬牛を素牛とし、三田地域で生後月齢28ヶ月以上肥育され、三田食肉センターで屠蓄された牛を言います。
  • 三田マルセ牛とは、三田牛も含みます。
  • 三田マルセ牛とは、他県仕入れの和仔牛でも但馬の血筋が入っている牛を選んで購入し、三田地域で生後月齢28ヶ月以上肥育され、三田食品センターで屠蓄された牛を言います。
  • 三田牛の看板を掲げられる条件は、三田肉流通振興協議会の内部規定により、「年間10頭以上三田牛を販売するものとする。」となっています。